スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標的172 あらすじ(早売り ネタバレ)

家庭教師ヒットマンREBORN!標的172のあらすじです。早売りジャンプによりネタバレ満載なので、ネタバレが苦手な方はご注意ください。

ネタバレバッチ恋vな方は、続きをどうぞ。



標的172『脅威』

あらすじ
何事もなかったかのように、マシュマロを頬張る白蘭と通信が繋がった入江。レオナルド・リッピのことを尋ねる入江に、白蘭は彼の正体が六道骸であったことと、骸を葬ったことを告げる。
そして、近々ボンゴレが日本を含む世界規模での大きな攻撃作戦を企んでいることを予測していた。
骸がミルフィオーレの情報を少しづつ漏れるようにコンピューターに細工したことで、日本支部にあるモノの存在を知れば、過去から来た10代目ファミリーは必ずやって来るだろうと白蘭は言う。
ボンゴレリングを一網打尽にするチャンスなので、日本支部に増援するという白蘭の言葉を、入江は断るのだった。

「僕が直接やりますよ 彼らの迎撃とボンゴレリングの奪取は」


一方、ツナ達は獄寺の匣から出てきた猫を囲んでいた。資料室で新技の開発中に誤って匣から出してしまったので、しまおうとするも、ひっかいて反抗してくる為に出来ずにいたのだった。
炎を与えなければいいと言うフゥ太に、炎が切れかかった時の猫の辛そうな顔を見ているとつい炎を与えてしまうとこぼす獄寺。城は移っているが、全然なつかれておらず、引っ掻かれてしまう。
そこへやって来たビアンキに、修行をさぼっていることを詰られた獄寺は、既に新技『SISTEMA C.A.I』を理解したことを告げるのだった。

技を試そうとするも、了平がやって来たので次期相撲大会(殴り込み作戦)の話し合いの為、作戦室に移るのだった。
そこで了平は、ヒバリのアジトに送られてきたミルフィオーレの情報ファイルを見せる。その情報はミルフィオーレのアジトの図面と、重要施設のデータであった。
この情報を送ったのは骸ではないかと言うツナに、了平はその可能性が高いが、ファイルの送信は既に途絶えていることを伝える。
そしてツナは、情報ファイルの中に夢で見たのと同じ丸い扉を見つけるのだった。

実物の丸い扉の前に立つ入江。
チェルベッロから、日本支部にいる白・黒全てのバンガーが揃ったことを聞く。
日本支部の全兵士の中心に立ち、自分が日本支部を指揮することを告げる入江。しかし、γが難色を示す。
そこえ、白蘭からの命令で霧の炎を纏った剣士が現れるのだった。

「入江殿にはむかう輩は 斬ってみせましょう」


このあらすじに関しては、個人のブログ・サイトで使用するのに限り、転用を許可します。他者のブログ・サイトへの投稿は止めて下さい。
このブログからの転用であることの明記や、コメント欄での報告は任意すが、していただけると喜びます。
また、早売りネタバレ記事ですので、扱いには十分注意して下さい。

それでは、次は感想書きます~♪

↓ガ、γさん!?
ブログランキング
スポンサーサイト

テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル : アニメ・コミック

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔女のほうき

Author:魔女のほうき
片田舎に生息中の、永遠の17歳☆だと言い張りたい2x歳。
暇さえあれば本を読む活字中毒者。
今欲しいものは立派な本棚です。

リンクフリーです。
コメント、トラックバック大歓迎v
※無断掲載・パクリはご遠慮ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。