スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標的182 あらすじ(ネタバレ)

家庭教師ヒットマンREBORN!標的182のあらすじです。早売りジャンプによりネタバレ満載なので、ネタバレが苦手な方はご注意ください。

ネタバレバッチ恋vな方は、続きをどうぞ。
標的182『沢田綱吉VSストゥラオ・モスカS』

あらすじ
4体のストゥラオ・モスカと戦闘を開始するツナ。まずは、一番後ろにいたスペアのモスカに殴りかかる。
その脳裏には、ミーティングでストゥラオ・モスカについてラル・ミルチから説明を受けた時のことが思い出されていた。

ストゥラオ・モスカの対処法は近付かないことだと言うラル・ミルチ。
この機体は、最新の蓄炎(チャージ)システムを搭載することで無人化した対匣戦闘用であり、ゴーラ・モスカよりも大型化され、戦闘力も強化されているのである。
2万層からなるナノコンポジェットアーマーはあらゆる衝撃や炎をものともせず、武器も装甲を活かした近接用のものが多いのである。
しかし、ツナはこれらの説明を笑みを浮かべながら聴いていた。
ラル・ミルチの身体を見て変な想像をしたのだろうとからかうリボーンの言葉に赤くなるツナと獄寺。
ツナは、ストゥラオ・モスカが無人であれば、倒しても誰も死なないからよかったと言うのだった。

ツナは、まず1体のストゥラオ・モスカを水路の中に落とし、次いで2体目に向かっていくツナだったが、2体目が肩から催涙ガスを発射し、咳き込みながら水路の上に降り立つ。
そこへ水路に落としたモスカの腕に足を掴まれ、水の中に引きずり込まれてしまう。

その頃、ストゥラオ・モスカを操っていたスパナは、ツナが本物のボンゴレ10代目であることを確信していた。
パンチの炎圧が8200FV(フィアンマボルテージ)、推定戦闘力はストゥラオ・モスカ1体よりも高いが、4体なら勝てると言う。

水の中に引きずり込まれたツナは、モスカの腕を焼き切ろうとしていたが上手くいかない。そうこうしているうちに、他の3体も水中に入って来てツナに止めを刺そうとしてくる。
なんとかモスカの腕を焼き切り、水中から脱出したツナは、水中にいるモスカ達に向けて、死ぬ気の零地点突破 初代エディションを放ち、4体とも凍らせてしまう。

伝説の技の凄まじさに呆然とするスパナだったが、炎高炉(インダニウム)が凍らされなければモスカは死なず、氷を解かせると言う。

その言葉通り、モスカ達は氷を溶かし、ツナに向かって炎を発射する。
しかし、それもツナの読み通りであった。
モスカ達が放った炎がツナに当たる瞬間、ツナは死ぬ気の零地点突破 改を放つのだった。


このあらすじに関しては、個人のブログ・サイトで使用するのに限り、転用を許可します。他者のブログ・サイトへの投稿は止めて下さい。
このブログからの転用であることの明記や、コメント欄での報告は任意すが、していただけると喜びます。
また、早売りネタバレ記事ですので、扱いには十分注意して下さい。

それでは!

↓スペアァァァァァっ!!!
ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル : アニメ・コミック

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔女のほうき

Author:魔女のほうき
片田舎に生息中の、永遠の17歳☆だと言い張りたい2x歳。
暇さえあれば本を読む活字中毒者。
今欲しいものは立派な本棚です。

リンクフリーです。
コメント、トラックバック大歓迎v
※無断掲載・パクリはご遠慮ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。