スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

標的158 あらすじ(早売り ネタバレ)

家庭教師ヒットマンREBORN!標的158のあらすじです。早売りジャンプによりネタバレ満載なので、ネタバレが苦手な方はご注意ください。

ネタバレバッチ恋vな方は、続きをどうぞ。

標的158『継承』

あらすじ
最大の炎をもってしても、球針態を破壊できずにいるツナ。より純度の高い炎が弱点であることに気付くも、それを出す方法が分からない。ついに額の炎が消え、倒れてしまう。

すると、ボンゴレリングが光りだし、ボンゴレの血塗られた歴史を見せ始める。そして、ツナの前に炎の仮面を付けた男たちが現れ、この業を引き継ぐ覚悟があるかを問いかけるのだった。

あまりのむごい歴史に絶叫するツナ。その精神状態を考慮し、ラル・ミルチは修行の中止を訴えるが、ヒバリは極限状態の中で器がためされていると取り合わない。
「最もこの若さでこの試練を受けた歴代ボンゴレはいないそうだが」
そして、そこに山本との修業を抜けてきたリボーンがやってくる。

偉大なる力が欲しければ、偉大なる歴史を継承する覚悟が必要だと迫る仮面の男たちに、ツナはこんなひどいことはできないし、こんな力はいらないと返す。
「こんな間違いを引き継がせるのなら……オレが…オレがボンゴレをぶっ壊してやる!!!
そう叫び、倒れこむツナをうけとめたのは九代目だった。そして、そこには歴代のボンゴレのボスが集結していた。

各々の武器に死ぬ気の炎を宿らせる、Ⅱ世~Ⅸ世。そして、ボンゴレⅠ世が現れ、ツナの覚悟を受けとったと言う。
栄えるも滅びるも好きにせよ ボンゴレⅩ世(デーチモ) ……おまえを待っていた ボンゴレの証をここに継承する」

そして、球針態が破壊され、中からⅩグローブ Ver.V.R.(バージョン;ボンゴレリング)を手にしたツナが現れたのだった。


ひき続き感想アップします。と言ってもこれから書くんですが・・・。
たぶん二時間後ぐらい・・・かな?

ボンゴレⅧ世萌ぇぇぇ!!!→ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 家庭教師ヒットマンREBORN!! - ジャンル : アニメ・コミック

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔女のほうき

Author:魔女のほうき
片田舎に生息中の、永遠の17歳☆だと言い張りたい2x歳。
暇さえあれば本を読む活字中毒者。
今欲しいものは立派な本棚です。

リンクフリーです。
コメント、トラックバック大歓迎v
※無断掲載・パクリはご遠慮ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。