スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彩雲国物語 白虹は天をめざす  感想

皆様こんばんは!
京都で購入した「ようじや」の糠袋を、ゴミと間違われて捨てられてしまった魔女のほうきです。おかげで、元から悪いお肌の調子が更に急降下。面の皮の厚さとお肌の調子は別問題だと、20歳を過ぎて知りました・・・。

さて、そんなお肌の曲がり角なワタクシの本日の感想はコレ↓。
彩雲国物語白虹は天をめざす (角川ビーンズ文庫 46-14) 彩雲国物語白虹は天をめざす (角川ビーンズ文庫 46-14)
雪乃 紗衣 (2007/08/31)
角川書店
この商品の詳細を見る


なんかお肌ツッルツルそうなイケメンが数多く出ることで有名な、彩雲国物語です。
アニメも放映されているので、ご存じの方も多いかも。ワタクシも確か5巻くらいまで出た頃のハマって、全巻買いそろえ今日に至ります。

中華風ファンタジーは大好きなんですが、特にこの作品は各キャラクターが個性的で、ギャグも多くて面白いです。それだけではなくて、国や政治について書かれていることや、友情・恋愛等をひっくるめて、各キャラクターの信念や生き方が描かれていて、そういったところも非常に魅力的です。

そんな彩雲国物語の最新刊です。未読の方はご注意くださいませ。

フォーエバータンタン。

のっけから何書いてんだ、って感じですが(爆)。すいません、ワタクシ今まで気付かなかったけど、タンタンが一番好きなキャラだったみたいです。
いや、前から薄っすら感づいていたけど、はっきり気付いたのは今作です。失って初めて気づく愛・・・。って別に死んでませんけど。
最初、買う時に本屋でパラパラ見てて、ラストの挿絵を見たときに、「あーヤバそう」と思ったんですが、見事その通りになっちゃいました。凹。

タンタン・・・。超人イケメン軍団の中にあって唯一の一般人として読者を楽しませてくれた男。確たる才能も、権力も、やる気さえもない君が、それでも最後の一線を踏みとどまり、テレテレと問題に取り組んでいく様は、才能・権力・やる気のないないづくしのワタクシに希望を抱かせてくれました。
ありがとうタンタン。君のことは忘れない・・・。
で、次回から名監察御史タンタンの事件簿とかやりませんかね?(無理だろ)
彼のボケとツッコミがなくなるのは、非常に残念です。外伝でもいいから出て来てください!

さて、(いいかげん)タンタン以外のキャラも語ります。
まずは自分探し1号、藍楸瑛。前巻で本当に藍家に戻ってしまったと思ったら、実は王様を選んでたんですね。きっぱりはっきり王を選んだ楸瑛は格好いいです!
一番男前だと感じたのは、愛する女性の暗示を解くために、他人の愛を使っちゃったところでしょうか。すげー笑いました。しかもばっさり振られるし(笑)。が、がんばれー。

そして自分探し2号、紫劉輝。本当の意味で王様になりましたね。
劉輝は、王でありたかったのだ。
未熟な自分を恥じ、逃げ出しても、それでも最後まで王であることを決意した劉輝・・・。どうやら、歴史の上では名君として名を残しているようですが、今後どういった王様ぶりをみせてくれるのか楽しみです。
秀麗との勝負の行方も気になりますね。少女小説のお約束としてはくっつくんでしょうけど、そう単純にはいかないでしょうね。でも、見込みがないわけでもなさそうなので、がんばってほしいところ。

自分探し1号・2号の恋愛がアレなのは、間違いなく女性陣が男前だからだと思いマス。
主人公の秀麗に至っては、飲み比べで兵士を潰し、鬼長官にはトンチで対応し、仕事もしつつ自分探し中の王様を迎えに行く。キング オブ 男前。
そんな彼女の体に、何やら変調が起きている模様。ついでに(ヒドイ)、劉輝との恋愛にも変化が。一巻から読んでいる身としては、二人がどういう結論を出すのか、気になりますね。

さて、見事楸瑛をお持ち帰りし、王の自覚と共に貴陽に戻った劉輝。しかし、王位簒奪を目論まれてるみたいだし、自分探し3号・李絳攸の身にも何か起こっているみたいだし、タンタンは観察御史になって地方に行っちゃうし。(最後の関係ない)
次巻が出るのが待ち遠しいです。
しかし、タンタン亡き今(死んでません)、ワタクシの心の支えは葵皇毅と陸清雅くらいしか・・・。って何でこんなドSばかり?あれー?秀麗を甘やかさないキャラが好きなのか??・・・まぁいいか。

それでは!

ってゆーかタヌキ汁って美味なんですか?→ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ : 読書感想文 - ジャンル : 小説・文学

comments

comment form

管理者にだけ表示を許可する

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔女のほうき

Author:魔女のほうき
片田舎に生息中の、永遠の17歳☆だと言い張りたい2x歳。
暇さえあれば本を読む活字中毒者。
今欲しいものは立派な本棚です。

リンクフリーです。
コメント、トラックバック大歓迎v
※無断掲載・パクリはご遠慮ください。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。